派遣社員から正社員を目指して

税理士は多芸多才なほうが有利

税理士ってどんな仕事をしているの?と一般の方に聞いてみても、その答えは何となくでしか答えられない人が多いと私は思っています。税理士という言葉は誰でも知っているのに、その仕事内容はよくわかっていないというのは、数ある職業の中でも珍しいです。


税理士ってどんな仕事をしているの?と一般の方に聞いてみても、その答えは何となくでしか答えられない人が多いと私は思っています。税理士という言葉は誰でも知っているのに、その仕事内容はよくわかっていないというのは、数ある職業の中でも珍しいです。


そんな税理士の仕事は、法律に基づいた税務の数々が仕事になるわけですが、そうしたある意味ベールに包まれた仕事であるため、税理士試験に合格してからも、どういう方針で仕事をすれば良いのか迷ってしまう人も多いようです。

お気軽にご相談ください。税理士 名古屋で検索を。


税務のことに詳しかったとしても、そこから依頼を受けられるかどうかはまた別問題であり、そこはどう自分をマネジメントしていくかがカギになってきます。


ですから、そういう意味では税理士は税務のことだけ考えていればやっていけるとイメージされがちですが、自分で自分をどうアピールしていくか?という広告の部分も大事です。ですので、税理士は多芸多才なほうが仕事にありつきやすいと私は思っています。